妊娠中や産後のしみ

「スキンケアも特に変えていないのに妊娠中や産後にしみが大量発生した!」

そんな悩みを持つ妊娠中の女性が大勢います。実は妊娠中や産後というのはそうじゃないときよりもしみ、そばかすができやすい体になっているのです。

おっけい

しかし予防と対策をきちんとすれば、その妊娠中や産後のしみを最小限に抑えることができますよ。

妊娠中や産後のしみの原因は、女性ホルモンの増減にあり

妊娠中はエストロゲンとプロゲステロンという女性ホルモンの分泌量が多くなります。

エストロゲンは別名「美肌ホルモン」とも呼ばれていて、肌のハリツヤを支えるコラーゲンやエラスチンを維持してくれたり、活性酸素の働きを抑制して肌を衰えから守ってくれます。そしてプロゲステロンは、胎児が成長するためのベッドとなる胎盤を形成したり、子宮筋の収縮を抑制したりと、妊娠においてとても重要な役割を担っています。

しかしこのプロゲステロンの増加は、メラニン形成細胞であるメラノサイトを刺激し活性化させてしまう原因となってしまうのです。

さらに産後のエストロゲン分泌量の激減にも要注意。エストロゲンの減少により肌のバリア機能が低下し、弱った肌は外からの刺激を受けやすくなってしまいます。紫外線もいつも以上に大敵となります。

このような妊娠中や産後のホルモンバランスの乱れによるしみは肝斑であることが多く、「妊娠性肝斑」と言います。通常の肝斑と同じく左右対称に現れ、周りとの境界線が曖昧であることが特徴です。

妊娠中も産後も美白ケアは抜かりなく

妊娠中も産後も美白ケア

紫外線の影響を受けやすくなっているお肌ですが、基本的な対策はいつもと変わりません。女性ホルモンが原因の肝斑も紫外線の影響を受けますので同じように対策が必要です。妊娠中は体が辛くケアを怠りがちですが、綺麗なママを目指してしっかりケアしてあげましょう。

紫外線をシャットアウト

外に出るときには、

  • 帽子
  • 日傘
  • 日焼け止め
  • サングラス

これらを忘れずに。顔だけじゃなく体も同じように敏感なっていますから、アームカバーの着用や、暑い夏も体調を崩さない程度に我慢して長袖の服を選ぶのがいいでしょう。UVカット加工されたカーデガンや薄手のパーカーなどを有効活用してください。

化粧品の見直し

毎日使う化粧品をより良いものに変えてあげるのも手です。負担なく自然とケアすることが出来ます。選ぶ基準は、

  • なるべく刺激の少ないもの
  • 保湿力のあるもの
  • 美白有効成分を含むもの

ディセンシアから販売されている、サエルという美白化粧品は、妊娠中にも使えるほど肌に優しい低刺激のコスメで、特許取得のバリア機能が肌を守ってくれます。

妊娠のストレスでターンオーバーは乱れがちになり、お肌は刺激を受けやすくなっています。

化粧品もそんなお肌に合わせてあげることが大事です。そして美白有効成分も、たとえばビタミンC誘導体など効果的で刺激のないものを選び、防ぎきれなかった紫外線によるメラニン生成の阻害とできてしまったメラニンの還元を促してあげましょう。

体内からのアプローチと生活習慣

しみの原因活性酸素に対抗するためには抗酸化作用の高いビタミンACEやポリフェノールの摂取がおすすめ。妊娠中の体づくりのためにもなります。

そしてストレスを溜めないことも実はとても大事です。さらに質のよい睡眠をきちんととることで正しいターンオーバーへお肌を導き、しみのリスクを軽減することができますよ。