特に紫外線が多いとされるのは5月から10月ですが、雨でない限り私たちの肌は一年中紫外線にさらされています。
曇りの日でもその紫外線透過率は、晴れの日の60~80%あると言われていますから、油断はできません。
つまり美白は年中していなければいけないということです。

sigaisen

まずは日焼けをしないような紫外線対策をすることが美白への第一歩ですが、家の中にいても焼けてしまうほどの日差しを完全にカットするのは至難の業です。
そこで登場するのが美白化粧品というわけです。

美白化粧品を選ぶとき、もちろん私たちは劇的な美白効果を期待して購入するのですが、使用してすぐに白さを実感できるような謳い文句には気をつけたいものです。
中には使用することで、肌に白く着色をして、あたかも美白の即効性があるように見せかける化粧品が存在します。
これは以前勤めていた化粧品OEM会社の開発部長が話していたことです。

一度使って感動的な白さを体感しても、すぐに元の肌色に戻ってしまうというのは実に悲しいですね。

肌への優しさや本当の効果を求めるなら、一度や二度での効果に焦らず、半年くらい経ったときに「白くなったね」と周囲が気づき始めるような緩やかで長期的な美白をしていきましょう。

お勧めなのは、ハトムギ化粧水です。
美白効果を前面に押し出してはいないものの、口コミでも美白効果があると話題です。
こういった場合は、着色美白の可能性はないと言っていいでしょう。

美容業界の有名人も使用するなど、安価にしてその評判は凄いのです。
原料も自然由来ですので、安心して使うことがきます。