数ある美白化粧品の中でも、アルブチンという成分が入った商品が美白効果が高くおすすめです。

アルブチンは厚生労働省がその美白効果を認定した成分です。
美白効果の他に、シミを抑える働きがあります。

アルブチン

アルブチン入りの美白化粧品の効果的な使い方は、まず、化粧水から美容液、乳液までをライン使いすることです。

ラインで使うことで、ステップごとに美白成分が肌に浸透してくれます。肌につけるとは、掌に化粧水や乳液をとり、掌全体で顔にのせるようにします。

指先だけでつけると、肌へのタッチが多くなりシミやシワができやすくなってしまいます。

塗り方にもムラができてしまいます。また、掌の体温で化粧水や乳液を温めると、顔にのせたとき肌になじみやすくなります。
できるだけこすらないようにして肌にのせた後は、掌で顔全体を包むようにして、肌によく浸透させます。

これを最後にするのとしないのとでは、美白効果の出方が違うのでぜひやってみてください。

化粧水をコットンにとってから使う方法もありますが、コットンに化粧水がしみこむ分ロスが大きくなってしまいます。

アルブチンの入った美白化粧品は高価なものが多いので、できるだけ無駄にしたくありませんよね。

掌なら化粧水のロスが少なくて済むので、美白用の化粧水を使うときにはコットンよりも掌を使う方がおすすめです。

それに、掌ならロスしたとしても、手にしみこむだけなので、全くの無駄にはなりません。

顔につけた後、手に残った化粧水は手の甲や指先などに伸ばすとよいです。