美肌を保つためにシミの原因を知ろう!

「そんなに美人ではないけれど肌の白さにだけは自信がある」そんな誰もがうらやむような透き通るきれいな肌の持ち主でも、さすがに30代を過ぎる頃になるとシミやそばかす、肌全体のくすみが気になり始める人がほとんどです。
美白化粧品
もともとメラニン色素は紫外線から肌を守る大事な働きをしています。色白の人の肌はこのメラニン色素が少ないため、色黒の人に比べて紫外線によるダメージを受けやすいのです。

このため、メラニン色素の少ない色白の人は一度肌を傷めてしまうと修復力が弱く、光老化(紫外線による肌の老化)の進行が早いのです。

このように、白い肌に自信があるという人でもいつシミやくすみが増えだすか分かりません。今のうちから美白化粧品などでケアをしておくことが美肌を保つための秘訣となります。

シミの主な原因

シミの原因の中でも、最も大きな原因として知られているのが紫外線によるものですが、実は紫外線以外にもシミを作る原因はいろいろ考えられるのです。それらの原因を知ることで、シミやくすみの予防や改善につながります。それではどんな原因があるのでしょうか?

・妊娠や出産、更年期によるホルモンバランスの乱れ

妊娠中や更年期にはメラノサイト刺激ホルモンが通常よりも増えるため、少し紫外線に当たっただけでもメラニン色素が多く生成されてしまう状態にあるのです。そのため、うっかり日に当たってしまうとあっという間にシミの元となってしまいます。

・炎症や摩擦(ニキビ跡・アトピー・アレルギー・誤ったスキンケア)

ニキビ跡やアトピー跡がそのまま色素沈着しシミとなって残ってしまったり、洗顔の際にゴシゴシこすりすぎることもシミの原因となることがあります。こすり過ぎが原因のシミは、紫外線によるシミと比べて赤っぽいシミとなっていて、しばらく刺激を与えずにいると自然に消えることもあります。洗顔の際は力を入れず優しくマッサージするように洗うといいでしょう。

・紫外線

紫外線を受けると肌を守るためにメラニン色素が作られます。本来、新陳代謝が活発であれば角質がはがれ落ちる際にメラニン色素も一緒に排出されるので、皮膚にメラニン色素がとどまることはないのですが、年齢とともに新陳代謝がにぶくなるので、いつまでもメラニン色素が皮膚にとどまってしまうことで、シミへとなってしまうのです。

・加齢

上の紫外線で書いたとおり、年齢を重ねるごとに自然とメラニン色素をためやすい体質になってしまいます。そのため、若いころと同じスキンケアをしているだけでは嫌でもシミやそばかすは増えてしまいます。年齢に合った美白化粧品を使うことでシミを予防することができます。

・ストレス

ストレスというのは体全体のバランスを崩してしまうため、免疫力の低下やホルモンバランスの乱れにつながります。また、細胞の老化を招く活性酸素が増えることも原因の1つと考えられています。このように、様々なことが原因となってメラニンが大量に生成されてしまいます。メラニン色素は本来肌を守るために必要なものですが、必要以上に生成されてしまったり、肌の新陳代謝の低下などにより、メラニン色素が肌に残ってしまいそれがシミへとつながってしまいます。このため、日々の洗顔やクレンジングはもちろん、肌の新陳代謝を促す美容成分やメラニンの生成を抑える美白成分を含んだ化粧品をうまく利用することで誰もがうらやむ美肌を保ち続けることができます。