30代半ばに達し、若い頃のように「ダメージは寝れば解決!」という訳にもいかない今日この頃。やソバカスも出来始め、たるみ毛穴も目立ち始めました。
大きいシミは皮膚科のルビーレーザーで取ってしまいましたが、この年齢になってくるとそれもイタチごっこの様相。金銭的にも厳しいな~ということで基礎化粧品を見直してみることにしました。

ピュアビタミンC

ccc

口コミサイトやネットで色々と調べた結果、これからのシミソバカスや毛穴にいいのはどうやら「ピュアビタミンC」。ピュアビタミンCと言えばロート製薬のオバジが有名ですが、いかんせん主婦が続けるにはちょっと高嶺の花。ということで、またまたネットで調べて同じような化粧品を探してみました。

化粧水もビタミンC誘導体配合のもの、美容液はピュアビタミンC20%配合のもの。体調によってはこのコンボだけでも私にとっては刺激が強い時があるので(特に生理前)、乳液orクリームは特にビタミンCにはこだわらず「米ぬか」配合のものにしました。米ぬかも美肌成分豊富ですものね。こちらは美人ぬかシリーズをチョイス。基礎化粧品のラインはこれで決まりました。

加えて、保湿面もこれからの時期は気になるということで、スクワランオイルを加えてみました。スクワランは人間の皮脂に近い成分だそうで、スッと肌に馴染みます。そして酸化に強いです。これを「お風呂の中で使う」のです。「入浴中の洗顔→すぐさま濡れた顔に数滴のスクワランオイルを塗る」で完了です。

このままお風呂の中で体を洗ったりします。お風呂を出る時にサッと顔をお湯で流しますが、しっとりは続いています。その後お風呂から出て上記のスキンケアのステップに進むのですが、スクワランがブースターの役目をしてくれているので保湿が出来ています。急いで化粧水を塗らなくても顔がパッサパサになりません。お風呂場の高湿度の中でスクワランオイルを塗っておくのが良いみたいで、慌ててスキンケアに走らなくてもさほど乾燥しないのです。

この「スクワラン→ビタミンC→米ぬか」の効果が出始めているのか、いつも何も言わない夫が「肌がツヤツヤしてきたね!?」とわざわざ声を掛けてきました。今年の夏の紫外線ダメージと冬の乾燥ダメージもこれでリカバー出来そうです。